任意整理のメリットとデメリット

消費者金融やクレジットカード会社などからの借金返済が滞ってしまった場合には任意整理するという手段があります。ただ、家族を抱えている人にとっては影響や迷惑がかからないかどうかは懸念材料です。

結論から言うと任意整理をしたからと言って何か家族に迷惑がかかる心配はありません。ただし、借金の保証人になっている場合は話が変わってきます。借金を一度整理することで返済が楽になりますし、小規模な個人再生や自己破産とは異なり裁判所を通さないため比較的円滑に進めることが可能です。

両親や夫婦間でも請求がされることもなく家族に迷惑が及ぶことも基本的にありませんが、保証人である場合には借金返済義務を負うことになります。これは家族だからという理由からではなく、あくまで保証人であることが理由です。

任意整理をすると家族がカードを使えなくなったり、ローンを組むことができなくなったりすることもありません。借金をした本人以外に信用情報に傷がつくようなことはないのです。たとえ夫婦間の間であっても個人の信用情報は切り分けて考えられています。

ただ、家族で利用しているカードが任意整理を行った本人が保証人となっている場合には、カードが使用できなくなる可能性があります。また、本人は信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報として記録されるため、キャッシングや銀行融資などのローン審査に通るのは難しい点にも注意が必要です。

借金をしている場合は、それ自体を家族に話をしていない人や知られたくないという人もいます。家族に通知されることはありませんが、手続きを続ける上では債権者とのやりとりが増えて結果的に隠し通すことは難しいです。頻繁にかかってくる電話連絡や自宅にも手続きに関わる書類が大量に届きます。

そうなると、どうしても家族にばれてしまうのです。しかし、弁護士や司法書士に依頼すると、債権者は各担当者にしか連絡してはいけない決まりがあるため、ある程度は隠し通すことも可能になります。

整理の手続きなども含めて弁護士や司法書士などの専門家に相談をするのが得策です。

もしくは、借金は家族間の問題でもありますので、一緒に話をするのも選択肢のひとつでしょう。以上のように任意整理自体が家族に迷惑をかけることはありません。借金自体や保証人になっている場合には、家族との関連性から影響が及ぶことがある点には注意が必要です。悩みを抱えている方は、まずは専門家の指南を仰ぐと良いでしょう。

気軽に借金返済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です